自宅でできる血行改善に繋がる入浴法

 

血行を良くする入浴法

お風呂冷え性の大きな原因の一つは『血行不良』

同じ姿勢を長時間とったり、精神的なストレスがあったりすると、筋肉が凝り固まり、その部分の血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなると、「冷え」はもちろんのこと、こりや痛みが生じたり、本来なら血液に乗って排出されるはずの老廃物が体内に滞ってしまいます。

そんな血流改善に効果があるのが『温泉療法』です。

温泉療法といっても、入り方次第では自宅のお風呂でも温泉同様の効果を得ることもできるので、温泉にいけない時は自宅で試してみましょう。

 

自宅で冷え解消につながる入浴法

【ぬるめのお湯にゆっくり浸かる】

身体か温まると血行がよくなり、こりや痛みの原因である老廃物が排出されます。
熱いお湯にサッと浸かるのではなく、37~39℃程のぬるめのお湯に10~15分程度浸かる方が身体を効果的に温めるには向いています。
理由としては、体温に近い温度のお湯に浸かると、心身の緊張を和らげる副交感神経が優位になるからです。
また、湯船に浸かっている時間が長ければ長いほど、血液が抹消の毛細血管まで十分に行き届くようになるので、身体の内側からしっかりと温めることができます。

 

【入浴と質のいい睡眠は1セット】

冷えの改善には良質な睡眠も欠かせません。
深く眠ることで、細胞の再生に不可欠な成長ホルモンが効率よく分泌され、結果的に疲れをしっかりと取ることができます。
深い眠りに入る秘訣は、上記で書いた方法で入浴法を実践することです。心も身体もリラックスできるので、結果としていい睡眠にも繋がります。

 

【入浴剤は温泉ミネラルが入った炭酸ガス系がおすすめ】

入浴剤は温浴効果を高めるものとして広く使われていますが、それぞれの症状に適した入浴剤を用いれば、入浴による効果がもっと高まります。
冷え性の改善のためには温泉ミネラルが入った炭酸ガス系の入浴剤が効果的です。
お風呂に入れるとプチプチとした細かい泡状の炭酸ガスが発生し、それがお湯に溶け込んで皮膚から吸収されると、毛細血管に広がって身体の隅々まで血が巡るようになります。温泉ミネラルについは保温効果を高めるため、冷え性改善にもぴったりです。

 

 ↓ 私のおすすめ!(*^□^)ニャハハハハ! ↓


 

温泉は万病に効く?

日本人は昔から、湯船に浸かる習慣があり、心身の癒しを温泉に求める方もたくさんいらっしゃいます。
各地の温泉にはそれぞれ様々な効能がありますが、基本的に温泉には5つの効果があるといわれています。

【温熱効果】

身体は温まると血行が促進され、体内の老廃物や疲労の原因となる物質が排出される。
また温かいお湯には、心身の状態を左右する自律神経をコントロールする作用があります。

【水圧効果】

お湯に入ると身体には水圧がかかりますが、腹部に圧がかかると横隔膜が押し上げられ、一時的に肺の容量が小さくなります。
すると身体が空気を欲して自然と呼吸が深くなり、心肺機能が高まって血流の改善に繋がります。

【浮力効果】

肩までお湯に浸かると、水中での身体の重さは空気中の1/9にまでになります。
軽くなった体は少ない力で支えられるため、筋肉の緊張が自然と緩和されることになります。

【転地効果】

温泉地に行くということは、温泉に浸かる以外にも、普段とは異なる環境に身を置いて、自然の香りをたっぷり吸んだりすることにもなるので、身体も心もストレスから解放されてリラックス効果も高まります。これに関しては温泉地ならではの効果といえますね。

【成分効果】

各地の温泉にはそれぞれ様々な効能があります。
炭酸泉や硫黄泉などの泉質は血流促進作用があり、ナトリウムの含有量が多いと保温効果が高いといわれています。

 

このように、温泉に入るとこれらの色々な効果のよって血流が改善されます。
温泉が万病に効くとよく言われるのは、血流の滞りこそが全ての病気の原因とも言えるからではないでしょうか。

 

 

 - コラム