夏場は基礎代謝が落ちる!?

 

暑さ、寒さの温度差が7度以上になると体温調節が…!?

夏冷え私たちの身体は寒暖の温度差に合わせ、自立神経を働かせて、血液の流れを微調整してくれています。

どういう事かというと、これからの暑い時期に私たちの身体は血管を拡張させ、血流をよくして熱を放出しようとします。

また逆に、冬場の寒い時期には血管を収縮させて血流を不足させ、体表から熱を逃がさないようにと自動的に身体がコントロールしてくれています。

この微調整は温度差が7度以内なら自然に行われているといわれています。

また、日本には四季があり、気温の変化に適応できるよう、夏と冬とでは身体の基礎代謝も変わっていきます

熱を必要以上に生み出さないよう夏場は基礎代謝が低くなり、逆に冬場は基礎代謝が高くなり、熱を生み出せるようにできています。

ところが現代社会においてはどこでも冷暖房が完備されるようになったことにより、室内外の温度の差が広がり、身体が十分に適応できなくなってきてしまっています

具体例を出すと、夏場に外気が32℃ある時に、クーラーの効いた室内の温度が22℃だとすると、当たり前ですがその温度差は10℃です。

こうなってしまうと、もともと人間の身体が兼ね備えている体温調整機能が不能になってきてしまいます。

身体の自立神経が乱れ、体温調節の機能の働きが不十分になってしまい、血流が悪化して夏冷えの原因となり、新陳代謝も低下してあちこちに不調が起こり始めてしまいますので、これからの時期は熱中症も気をつけなければなりませんが、エアコンによる温度調整は外気との温度差が7度以内におさまるよう心掛けましょう。

 

 

 - コラム