夏の冷え性にも要注意!!

 

クールビズが定着した近年ですが、オフィスや電車内など冷房が効いているところではひざ掛けや羽織ものなどを使っている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

冷え性は冬場のイメージが強いですが、「夏冷え」という言葉もあるように、夏場の冷え性に悩んでいるという方が私のまわりにもたくさんいらっしゃいます。

私たちの身体は、夏の暑い時期は、汗をかくことで、体温が上がりすぎないよう汗をかくことで体温調節を行ったり、身体の老廃物を体外へと排泄しています。

ところが、夏場に冷房の効いた部屋にいる時間が長くなると、汗をかく機会が少なくなってしまい、老廃物を体外へ排泄できなくなってしまい、結果として血流が滞って手足などに冷えの症状が出てきてしまいます。

これがいわゆる『夏の冷え性』です!

症状としては

●腹痛
●生理痛
●肩こり
●腰痛
●頭痛

などがあげられます。

また、アイスクリームや冷たい飲み物を過剰に摂取し、内臓まで冷えてしまうと「頭が重い」「身体がだるい」などの夏バテの症状も現れます。
夏の冷え性は、「冷たい、痛い、しびれる」といった症状のほかにも、腹痛・生理痛・肩や腰の痛み・集中力の欠如・頭痛なども引き起こします。

西洋医学においては「冷え性」という病名はありませんが、身体が寒暖差によって自律神経のバランスを崩し、体温調節の機能の働きも不十分になり、放っておくと慢性化して、年中体が冷えて調子が悪いということにもなりかねませんので、ライフスタイルを見直して、夏の冷え性を撃退しましょう。

 

 - コラム