冷え退治にはレッグウォーマーが大活躍

レッグウォーマー

How to

ふくらはぎは『第二の心臓』とも呼ばれているくらい大切な場所で、下半身の血の巡りを良くするためにレッグウォーマーを使って足を温めることは健康的にもとっても良いといわれています。

なぜ、ふくらはぎが第二の心臓と呼ばれているかというと、心臓を出発し下半身へ送られてきた血液やリンパなどを再び心臓に戻すためのポンプのような機能を果たしているからです。

また、人間の下半身にはもともと発熱臓器がない関係で、誰もが上半身に比べ体温が5℃前後低い状態になってしまっており、さらには重力の関係で下半身の血液は心臓に戻りにくい(血のめぐりが悪い)状態になってしまっています。

そんな状態の中、仮にこのポンプ(ふくらはぎ)の機能が落ちてしまうと、下半身の血の巡りがさらに悪くなってしまい、重度の冷え性やむくみの原因にもなってしまいます。

反対にこのポンプが正常にさえ機能していれば、下半身の血液の循環がよくなることで、結果的には全身の血液の循環もよくなっていき、冷え性が改善されていくということになります。

さらに、ふくらはぎを温めるということはむくみの解消や免疫力の向上、ダイエットにも効果的であったりと、色々な効果が期待できます。

 

ではどうやったら、ポンプを正常に機能させられるのでしょうか?

それは…

ポンプを正常に動かしてあげるためには、日頃から歩いたりジョギングをするなどして、ふくらはぎの筋肉をしっかり動かして、筋力をつけることや、なかなか運動をする時間が取れないという人は、レッグウォーマーを使って直接ふくらはぎを温めてあげることです。

レッグウォーマーを使う場合は、締め付けがあると血流の妨げになってしまうので、付けた時にたわみができるぐらいゆったりし締め付け感がないもので、通気性のいいシルク、綿、ウールなどの天然素材のものがベターです!

また、レッグウォーマーはパンツ・スカートなどのスタイルを選ばず、自宅やオフィスだけでなく、電車での移動中や映画の鑑賞中などいつでもどこでも使用できるので、冷え性対策にはぴったりなアイテムといえます。