ストールを使ってデスクワーク

ストール

How to

冬場や夏場のエアコンの影響でオフィスが寒いけれど、制服を着ないといけないから、自由に着込むことができない…という人には、たいていの寒さからガードができる『ストール』がおすすめです。

太ももからひざにかけて包み込んだり、腰からおなかにかけて巻きつけたり、首・方から二の腕にかけてはおったりと色々な方法で効率よく身体を温めることができるので寒さ対策にぴったりです。

夏なら綿、冬ならアンゴラ、カシミヤ、ウールなどのストールを使ったり、シルク製のものなんかは季節を問わず一年中快適に使用することができますよ。

ストールを巻くポイントとしては、腹巻と同じようにおなか周りを中心的に温めるか、太い血管の通っている首回りや、大きな筋肉がついている二の腕、太ももなどをガードすることで、全身に温かい血液を送ることができ、効率よく冷えを防ぐことができます。

このようにストールは寒気からガードしてくれるだけでなく、自分の体温をストールで閉じ込めることできるので、1枚あるととっても便利なアイテムですよ。

 

ストールがない時はペットボトルで簡易湯たんぽ

ストールがない時におすすめなのがどこにでもある『ペットボトルを使った簡易湯たんぽ』です。

湯たんぽというと、寒い夜などに足元の寒さからなかなか寝付けない時に使うものというイメージがありますが、オフィス内でのちょっとした寒さ対策にペットボトルを使って、簡単に湯たんぽをつくることができます。

つくり方も簡単で、ペットボトルは湯たんぽの容器に比べて厚みが薄いので、40~50℃くらいのお湯をペットボトルに入れてあとは蓋をするだけ!

容器の厚みが薄い分、時間が経つとどうしてもお湯の温度が下がってきてしまうので、保温力を少しでも長くした場合は、タオルでペットボトルをくるんだり、電子レンジで予め温めておりた濡れタオルでくるんで衣類を濡らさないためにビニール袋で包んで使用したりと調節してみて下さい。

忙しく仕事をしている時は、何かと神経もピリピリしがちですが、ペットボトルの簡易湯たんぽをひざにのせて仕事をしてみると、ほんのり伝わってくる温かさから気持ちまでリラックスできますよ。