シルクの腹巻を使ってみよう

腹巻

How to

女性は特に冷え性の方が多いですが、毎日の簡単な習慣によって回避することができます。

それは一日中、一年中、『腹巻』を身に着けることです!

腹巻をしていると、身体の中にある大切な臓器が温まり、温かい血液が全身に巡っていくので結果的に手足の冷えまで防いでくれたり、さらにはあらゆる病気の予防や改善に役立ちます。

腹巻と聞いて、ちょっとおばさんクサイとかダサいと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではアウターにひびきにくいデザインのものがあったり、パンツやキャミソールと一体型になったものなど機能的なものが増えてきています。

また、素材的には化学繊維が多く使われているものではなく、シルク(絹)を使った腹巻がおすすめです。

私はこちらの商品が気に入っていて、一年中使用しているんですが、薄手なのに暖かく、程よい伸縮性やフィット感、シルクならではの肌触りなど…
一度つけたら他の腹巻が使用できなくなりました((〃≧▽≦〃))

◎おすすめ商品:シルク生活さんのシルクコットン腹巻

シルクはとっても優れた繊維で、吸湿性・放湿性・保湿性などに優れているので、身体から放出された汗も簡単に吸収・放出してくれるので、夏は涼しくて冬は暖かく使用できますよ。

また、おなかを触って冷たいと感じたり、腹痛、腰痛、生理痛など感じた時は腹巻の上からカイロを貼るとさらに有効です。

痛みのある部分は血液の流れが滞っているということなので、カイロで局所的に温めてあげることで、血流が改善していくので自然と痛みが和らいでいくことも多いものです。

おなかに赤ちゃんのいる妊婦さんにとっても腹巻(腹帯)はおすすめで、腹巻によって姿勢が整えられるため妊娠中に起きる腰痛の防止や冷えによる早産や流産を回避する効果もあるとされているので、腹巻はそういった意味でも非常にお勧めとなります。
※妊婦さんがご使用する場合の腹巻(腹帯)は妊婦専用のゆったりしたものを選んでみてください。