足湯で下半身を温めよう

足湯

How to

ゆっくり湯船に浸かる時間がない時や体調が悪くて今日は湯船に浸かれない…
また足冷えが酷かったり、腰痛や生理痛などえ腰まわりが辛い…

そんな時は、42℃ほどの少し熱めのお湯を洗面器やバケツに入れて、手首・足首から先を10~15分程度つけるのがおすすめ。

手先や足先における身体の末端で血行が滞りがちなので、部分浴をするだけでも、全身浴やサウナに入っているような効果が得られ、手や足には臓器につながるツボがたくさんあるので、内臓を活性化させる入浴法です。

お湯の温度が下がってきた時は、さし湯をするなどして温度を調整して下さい。

また人間の下半身には発熱臓器がない関係で、誰でも上半身に比べ平均で3~5℃程度低いといわれています。

足裏やふくらはぎは『第二の心臓』とも呼ばれており、心臓から送られてきた血液を心臓に送り戻す役目もあります。

また昔から『頭寒足熱』という言葉もあるように、足浴(足湯)を行って下半身を温めることで下半身に滞った血液が身体全体に循環するようになるので、結果として身体全体が温まってきます。

《ここでワンポイントアドバイス!》
好きな本や雑誌を読みながら行うと、あっという間に身体がポカポカしてきますよ。

またお湯の中に粗塩をひとつかみ入れたり、すりおろした生姜を適量入れるとさらにポカポカ度が増してくるのでおすすめです!お好みのアロマオイルを入れるのも、香りからさらにリラックス効果も得られていいですね。