38℃~41℃程のぬるま湯にゆっくり浸かろう

風呂

How to

お風呂お風呂に浸かることはの身体の「冷え」を取り、免疫力を高める最高の方法です。

体内の老廃物の3分の1は、皮膚の汗腺、皮脂腺などから排泄されるため、入浴時の発汗による効果も素晴らしいものです。

シャワー派だった人は特に、これからは入浴時間を30分は確保して、半身浴に是非チャレンジしてみて下さい。

身体の体温を上げるには、38~41℃程のぬるめのお湯にゆっくり(10~30分位)浸かるのがいいとされています。
ぬるめのお湯は副交感神経を刺激するので、リラックス効果も高まります。

また、入浴後も体内の熱をキープでき、お風呂から上がった後もポカポカ状態が長く続きます。

忙しくて湯船に浸かる時間がな場合や、心臓に問題があるなどして湯船に浸かることができないなど、身体に負担をかけない入浴方法や治癒能力を伸ばす入浴方法についてはこちらのページでも詳しく紹介していますので覗いてみて下さい。

《半身浴をする際のポイント》
 38~41℃程のぬるめのお湯に浸かる
 浸かる時間は(負担の無い範囲で)10~30分程度
 入浴前にお水を一杯飲んでおく
 かけ湯などをして浴槽に浸かる前にはお湯の温度に身体を慣らしておく
 温浴効果を高める炭酸ガス・入浴剤を使用する

反対に少し熱めのお湯に浸かった場合は、交感神経を刺激することになるので気分がシャキッとしてきます。

ゆっくり睡眠したい夜にはぬるめのお湯、眠気覚ましの朝風呂ならば熱めのお湯と覚え、入浴シーンによって使い分けるのがいいでしょう。

 

長風呂が苦手な方は交代浴がおすすめ!

半身浴のように長時間湯船に浸かるのが苦手の方やゆっくり時間がとれない時などは、38℃~40℃程度のぬるめのお湯で交代浴を行なうのもおすすめです。

やり方は簡単で、1回の入浴中に、何度も湯船にに浸かったり出たりを繰り返せばいいんです。

《交代浴の例》

はじめに湯船に浸かる。

湯船から上がり、シャンプー&トリートメントを行う。

再び湯船に浸かり、トリートメントを髪に馴染ませる。

湯船から上がり、トリートメントを洗い流す。

再度、湯船に浸かる。お好みでフェイスパックなどを!

身体も十分温まってお肌の角質も柔らかくなっているので続いて身体を洗う。

最後にサッと湯船に浸かって身体を温める。

交代浴を行うことで、湯船に浸かっている時は血管が開き、出た時には血管が閉じるため、結果的に全身の血流が良くなり、身体の隅々まで効率よく身体を温めることができて、入浴後の保温効果も長持ちしますよ。