冷えとり改善法【シワ】

シワができるメカニズム!?

シワの予防にはコラーゲンが大切というのは一般的な話ですが、コラーゲンは皮膚や筋肉・骨などの体内の組織において細胞同士を結び付ける役割をしていて、不足することでお肌にシワやたるみの症状として現れます。

コラーゲンの生成にはビタミンA、C、Eが必要ですか、中でもビタミンCが特に大切だといわれています。

ビタミンCにはコラーゲンを作っているオキシプロリンの原料であり、不足すると体内のコラーゲンの破壊が進み、皮膚や筋肉が弾力を失って、お肌本来のみずみずしさがなくなってしまいます。

 

また、お肌の乾燥を防ぐにはビタミンAが重要となってきます。

ビタミンAが不足すると、皮膚や粘膜の乾燥と角質化が進み、細胞の抵抗力も低下して、ニキビや化粧品アレルギーなどを引き起こしやすくなります。

 

長い間、若くて潤いのあるお肌を保っていくためには、ビタミンEの存在も欠かせません。

ビタミンEは末梢神経の血行を良くしたり、細胞分裂の回数を増やすことで、若返りと延命効果を発揮しているといわれています。

 

対策は!?

●ビタミンを多く含む食べ物をしっかり摂取しよう!
ニンジン・リンゴジュースなどビタミンA、C、Eをたっぷり含んだものを摂取しましょう。

●シワの無い美肌になるためには!
緑黄色野菜や海草などの抗酸化食品、女性ホルモン物質を含んだ大豆製品(味噌、納豆、豆腐など)、細胞を潤すムチンを含むヌルヌル・ネバネバ食品(オクラ、なめこ、山芋など)を積極的に摂るようにすると、お肌の保湿力が高まり、若さが保たれます。
またリコピンを多く含むトマトもおすすめです。リコピンにはコラーゲンの生産を促す働きがあるといわれています。

 

元に戻る…