冷えとり改善法【不妊】

不妊の主な原因は!?

生理痛

一般的には、避妊をせず、通常の夫婦生活を送っていれば、半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれていますが、3年以上も妊娠がない状態のことを「不妊症」といいます。

不妊症は病気ではなく、症候群です。
※症候群とは、原因も何も関係なしに、理由は分からなくても、ある症状の人をいう言葉。

この不妊症については、男性の精子の数の減少などによる男性不妊のケースもありますが、女性側からすると、痛みも不快感もなく、検査でわかること内容も少ないため、原因の特定が難しいといわれています。

このように妊娠・出産についてはまだまだ未知の領域が多いのも事実ですが、「冷えが不妊の原因」という話もよく耳にします。

特に女性は下半身が冷えやすいので、下半身についている臓器=子宮・卵巣の血めぐりが悪くなり生殖機能を低下させたり、女性ホルモンの合成や分泌にも異常を来して、不妊の原因にもなる生理不順が生じます。

また生理痛も、子宮が硬くなって起こる症状なので温めてあげることで症状が緩和されます。

逆いえば、不妊症に悩んでいる方も、身体を冷えをとることによって子宝に恵まれる可能性が増すということを知って頂きたいのです。

私自身これまで、タイミング療法や不妊治療、人から聞いた情報など色々と試しましたが10年もの間、子宝に恵まれることがなかったのですが、2年前に知った『冷えとり健康法』をきっかけに、結婚して12年目に妊娠・出産することができました。

子宮や卵巣など 生殖器のある下半身は冷えの影響にとっても敏感で、不妊症と冷え性とには密接な関係があるらしいですし、さらに冷えをとることで自律神経系、内分泌系、免疫系などのバランスが整い妊娠しやすい健康な体づくりの近道にもなるので、不妊で悩まれている方にはぜひ取り入れて頂ければと思います。

 

↓ おすすめの冷えとり靴下 ↓

シルク生活さんの『野蚕冷えとりセット』

冷えとり靴下

 

元に戻る…