冷えとり改善法【高血圧】

高血圧とはどういう状態!?

ビックリ血圧とは血管内の圧力のことです。もう少し分かりやすくいうと、血液を全身に送るために、心臓から流れる血液が血管を押す力のことです。

血中の水分が多くなると血液全体の量が増えます。また寒さやストレスなどを感じたり、疲労や動脈硬化などで血流が悪くなってしまうと、心臓はこれまで以上に力を入れて、全身に血液を送り出すようになります。

これが「高血圧」と呼ばれる状態です。

高血圧の根本的な原因は、脂肪やコレステロール、尿酸をはじめとするさまざまな余剰物や老廃物が血管の内側に溜まってしまっていることにありますので、血中に汚れた物質をためないためにも、これまでの乱れた生活習慣を心掛けて、高血圧を引き起こさないようようにすることが大切です。

また、加齢によって下半身の筋力が弱くなってくると、その周りにある毛細血管が少なくなり、下半身に送られるべき血液が上半身に移動していくことも、高血圧の要因となってしまうので注意が必要です。

 

高血圧の改善には!?

適度な運動を行って下半身の血流を良くする!
休日にスポーツをしたり、普段からウォーキングやスクワットなどの運動を行って、下半身の筋力を鍛えておくことや、半身浴や足湯を行って、下半身の血流が良くなるように心がけましょう。

これまでの食生活を見直す!
動脈硬化の一因となる、肉や卵、牛乳、バター、マヨネーズなどの食品は控え、血液をサラサラ状態にするためのEPAやDHA、タウリンが豊富に含まれている魚やエビ、貝類、イカ、タコなどを積極的に摂取するように心がけましょう。
また、納豆に含まれるナットーキナーゼには血栓を溶かす作用がありますし、ニラやにんにく、ねぎなどの野菜には硫化アリルが含まれており、血管を拡張する働きがあるので、高血圧の改善のためにも摂取するように心がけましょう。

 

元に戻る…