冷えとり改善法【下痢編】

下痢の原因は!?

便秘まず、身体に悪いものが入って食中毒になると、血液中に有害物質が入って全身に広がらないようにするために起こる急性の下痢があります。

また、冷たいものを飲んだり食べたりした時にも、身体が冷えないようにするたの反応として下痢が起こる場合があります。

それ以外では、心身に強いストレスを受けることによって、血管が縮小し、血行が悪くなることで起こる慢性的な下痢もあります。

実際に、下痢の症状を訴える人には冷え性である場合が多く、冷え性によって全身の血行が悪くなっていることが原因として考えられます。

また、下痢に限らず、あらゆる胃腸における不調は、その人の持っている胃腸の力に対して、飲食する量が多いこと一因として考えられますので、食事量は腹八分を心掛け、よく噛んで食べるようにしましょう。

 

便秘の対処法!

腹巻をして腸を温める

腸を直接温めるには腹巻がオススメ。
腹巻の着用を習慣づけ、腹部の血流を良くすることが大切です。

ストレスをためない
ストレスは自律神経やホルモンのバランスを崩す原因となり、下痢を引き起こす原因となることがあります。
日頃から精神的なストレスを貯めないようにして、規則正しい生活を送るように心がけましょう。

下痢止めを使う
下痢止めの服用も対処療法のひとつではありますが、根本的な解決策とは言えません。
無理のない範囲で日常の生活から少しずつ改善していきましょう。

 

元に戻る…