冷えとり改善法【便秘編】

便秘の原因は!?

便秘便秘の主な原因は、腸が十分に活動をしていないことで起こります。

一般的に便秘の解消方といえば、水分をたくさんとったり、生野菜をとることなどが大切とされていますが、この習慣がかえって逆効果になってしまう場合があります。

腸を含めた臓器は、そもそも熱(エネルギー)によって動いているため、おなかが冷えると腸の働きも悪くなってしまうという訳です。

便秘になると腸から余分なコレステロールや老廃物が血液に吸収され、肌トラブルや肥満を招いたり、さまざまな臓器に負担を与えることになってしまいます。

健康や美容の大敵でもある便秘を防ぐためには、大腸をしっかりと温め、食物繊維を多く含んだ食べ物をしっかりととる必要があります。

 

便秘の対処法!

食物繊維をしっかり摂る
塩、味噌、醤油などの陰性食品を中心に、玄米や豆類、きんぴらごぼう、海藻、こんにゃく、黒ゴマなどの食物繊維が豊富に含まれている食材を多く摂り家れるようにしましょう。

便通の働きを助ける食べ物を摂る
小豆、アロエ、はちみつ、ぶどうなどは便通の働きを助けてくれるのでおすすめです。

腸内環境を整える
食物繊維をあまり摂らなかったり、甘いものや辛いものなども刺激が強いものが好きな人は、腸内環境も崩れがちになってしまい、善玉菌が済みにくい環境になってしまう場合がありますので、腸内の環境をいつも整えておけるように心掛けましょう。

腹巻をして腸を温める
腸を直接温めるには腹巻がオススメ。
腹巻の着用を習慣づけるだけで、便秘が歌唱されたという方もいらっしゃるようです。
なかでもシルクの腹巻は夏は蒸れずに冬は温かく使えるのでぴったりですよ。

腹筋を鍛える
多くの女性や高齢の方は腹筋が弱い傾向にあり、これによって便を押し出す力が弱いもの一因です。
腹筋運動やウォーキングを行って筋力UPを心掛けましょう。
時間がなかなかとれないという方は、入浴時に湯船につかっている際におなかを引っ込めたり膨らませることを繰り返し、手のひらを使ってお腹を時計回りにマッサージするのがおすすめです。

ストレスをためない
ストレスは自律神経やホルモンのバランスを崩す原因となり、便秘の原因となることがります。
またお通じをよくするためには、リラックスして身体を緩めることも大切です。
好きな趣味に打ち込んだり、音楽を聴いたりとリラックスの神経である副交感神経を働かせましょう。

 

元に戻る…