冷えとり改善法【ニキビ】

ニキビはどうしてできる!?

ニキビは顔以外にも胸、背中などにできますが、それぞれの皮膚において皮脂が過剰に分泌されたり、汚れによって毛穴がふさがったりすることで、炎症をおこしている状態です。

原因としては、脂肪分や糖分の摂りすぎ、たばこやアルコールの摂取、薬剤の常用や、過度のストレスなどがあげられます。

生まれつき皮脂腺が多い人や大きかったりする場合も原因のひとつとして考えられます。

また、ビタミンB2やB6が不足していると新陳代謝が悪くなったり、ビタミンAが不足すると角質が増加して毛穴をふさいでしまうことも、ニキビを促進す原因となります。

ニキビができるにはこのような原因が考えられますが、一般的には体内の老廃物が皮膚から排泄されるときに、バイ菌がその汚れを食べることで増殖し、膿を作っている状態と捉えられます。

つまりは、ニキビの真の原因は、皮膚そのものにあるのではなく、血液の汚れにあるといえます。

ですので、ニキビを根本的に治療するには、日頃からの生活習慣(食事、運動、入浴法など)において、血液をきれいにすることが何よりも重要となってきます。

 

対策は!?

●ビタミンを多く含む食べ物をしっかり摂取しよう!
ビタミンAをたっぷり含んだ、ニンジン、パセリ、ホウレンソウ、黒ゴマなどをしっかりと摂取しましょう。
納豆、海藻などに多く含まれるビタミンB群をしっかりと摂り、毎日ゆっくり湯船に浸かって入浴を行い、お肌からの水分と皮脂の分泌を促すことで、皮膚の血行をよくしましょう。

●きゅうりを使ったパックがおすすめ!
きゅうりには皮膚の健康に不可欠なケイ素や天然の植物ホルモンが含まれているので、薄くスライスしたきゅうりをパックとして使うとお肌のきめを整えてくれます。
洗顔後、目のまわりと鼻の下を避けて、顔全体に貼った状態で10分程度おきましょう。
最後に冷たいお水で洗い流すと、開いた毛穴が引き締まり、きゅうりの成分が皮膚の表面の汚れを吸着してくれます。

 

元に戻る…