身体が冷えるとどうなる?

冷えはあらゆる病気の原因となりうる!

冷えが起因している症例

体温が1度下がると、体の免疫力が30%落ちるともいわれており、上記のような生活習慣病から、果ては日本人の死因第一位の癌(がん)の原因にもなりえます。

なぜかというと、血液は私たちの身体のあちらこちらに栄養と酸素を送り届け、かわりに老廃物を持ち帰るという働きをしてくれています。

また、私たちの身体の中に必要ないものが入ってきたときは血液の中にある白血球が身体の中をめぐることで、体の中の異物をパトロールしているのです。

健康な人でもがん(癌)細胞は1日に5,000個もできているといわれており、健康な時は白血球が毎日これら外界からのウイルスや細菌だけでなく、がん細胞を攻撃をして死滅させてくれていますが、冷えが進むとともに免疫力が低下していくことで、がん細胞が1つでも監視システムをかいくぐって生き残るった場合、1個→2個、2個→4個、4個→8個と倍々ゲームのように増えていき、やがてはがん(癌)に姿をかえてしまうのです。
※注)がん細胞は体温が35℃前後の低いときに最も増殖し、39℃以上になると死滅することが判明しています。

ですから「冷え」はあなたの身体が発している悲鳴とも言えるのです。

東洋医学では冷えは気・血・水のバランスが崩れた状態、西洋医学でも冷えの原因は血液の循環が悪くなることとされています。

《血液の循環が悪くなると》

全身に酸素や栄養が行き届かず代謝が悪くなる

有害物質がたまり、血管が詰まりやすくなる

リンパ球が減って免疫力が低下する

当然、この状態が長く続いたりすれば、様々な病気になるリスクが増えていってしまうということになります。

 

体温が上がるといいことだらけ!

これまで述べたように「冷え」は身体への様々なデメリットがありますが、逆に体温を1度上げることができればいいことが起きるのでしょうか?

答えはYESです。

つまりは、身体の「冷え」さえ取ることができれば逆のことが起こるので、体調はもちろんのこと、今お持ちの様々な症状が改善したり、美容や気持ち、頭脳の働きにまで好影響をもたらし、免疫力のある健康な身体へと変身することができるのです。

体温は1℃上がると免疫力は5~6倍になると言われています。
体温は身体の様々な機能と密接な関係を持っており、体温が36.5℃以上になると、免疫力が高まり、酵素が活性化するので、結果として病気にかかりにくくなります。
さらには新陳代謝が活発になり、基礎代謝量が増えることにで太りにくくなるといったメリットも出てきます。

また平熱が36.5度以上の人では発がん者は殆どいないというデータもあるくらいなので、病気を防ぐ一番簡単な方法は体温を上昇させることであると言えるのです。

 

病気を防ぐ「冷え解消法」へ

 

冷え性グッズランキング一覧