37℃って平熱?

37℃が発熱の目安というのは誤解

体温を測って37℃以上になっていると「微熱だ!」「発熱した!」と考える方がいらっしゃるかと思いますが、実はこれは誤解なんです!

これは昔からある水銀体温計の37℃を示す数値が赤く示されていることによって、いつの間にか37℃が発熱の目安となる数値として広まってしまったのが原因だと思われます。

医学的には、発熱を示すラインには個人差がありますが、37℃というのは一般的にはいわゆる平熱の範囲内なんです。

実際に日本人における10~50歳の7割以上の平熱(健康時の体温)は36~37℃の範囲にあるといわれています。

一方、発熱状態というのは病気や疾患などにより平熱時の様に熱のバランスが取れなくなり、平熱時よりもおおむね体温が1℃以上あがった状態のことを指します。

発熱の理由としての主な理由は

  • ウイルスや細菌による感染症
  • アレルギー性疾患・悪性腫瘍からの影響
  • 日射病や熱射病などによるうつ熱

などが挙げられます。

一般的に体温を測るのは体調が悪くなった際に発熱しているかどうかを調べる時ですが、日頃から自分の平熱をしっかりと把握しておくということは、体調不良の早期発見にもつながることなので、平常時から体温を計測する習慣をつけておくことも重要となります。

また平熱を調べるタイミングとしては、食後は体温が一時的に上がってしまうため、食前(食感中)が良いといわれています。

 

理想の体温は36.5℃以上

前にも述べましたが、健康な人の体温は一般的に36.5~37.1度といわれています。

新陳代謝や酵素、腸内細菌など身体の器官が正常に働くためには、36.5℃以上の環境であることが大切です。

36度以下が低体温

37℃以上の体温はかえって免疫力が高まるともいわれており、がん細胞は体温が39℃以上になると死滅し、35℃前後の低いときに最も増殖するといわれています。

したがって、ご自身の平熱が36.5℃以下という方は、これから長く健康な毎日を過ごすためにも、理想的な体温を目指し、日頃からできることを少しずつ改善していきましょう。

 

身体はそもそも寒さに弱い?

 

冷え性改善グッズへ