冷え解消【日常生活-入浴】編

お湯に浸かることは「冷え」を取り、免疫力を高める最高の方法

温泉・入浴日本では温泉の効果が広く知られていますが、温泉に限らず毎日の入浴は身体の外側から体温を上げたり、免疫力を劇的に高めるもっとも簡単な方法の1つです。

湯船に浸かることで、身体が温まり全身の血流が良くなって、内臓や筋肉へ栄養分が行き渡り、細胞の代謝も活性化して若返ります。

また、体内の老廃物の3分の1は、皮膚の汗腺、皮脂腺などから排泄されるため、入浴時の発汗による効果も素晴らしいものです。

ここでは毎日のバスタイムをより有効的な時間にするために入浴時の基本についてご紹介していきます。

 

体温を上げるのにいい入浴法!

身体の体温を上げるには、38~41℃程のぬるめのお湯にゆっくり(10~30分位)浸かるのがいいとされています。
ぬるめのお湯は副交感神経を刺激するので、リラックス効果も高まります。

また反対に少し熱めのお湯に浸かった場合は、交感神経を刺激することになるので気分がシャキッとしてきます。

ゆっくり睡眠したい夜にはぬるめのお湯、眠気覚ましの朝風呂ならば熱めのお湯と覚え、入浴シーンによって使い分けるのがいいでしょう。

※入浴には様々な利点がありますが、心地いいと感じることが最も重要なので、身体に負担を感じてまで長湯するのは禁物です。

 38~41℃程のぬるめのお湯に浸かる
 浸かる時間は(負担の無い範囲で)10~30分程度
 入浴前にお水を一杯飲んでおく
 かけ湯などをして浴槽に浸かる前にはお湯の温度に身体を慣らしておく
 温浴効果を高める炭酸ガス・入浴剤を使用する
× 飲酒後は避ける
× 食後は時間を置く
× 熱いお湯にいきなり浸からない

 

部分浴や様々な入浴法

半身浴忙しくて湯船に浸かる時間がな場合や、心臓に問題があるなどして湯船に浸かることができないなど、身体に負担をかけない入浴方法や治癒能力を伸ばす入浴方法についてご紹介します。

手軽な部分浴でリラックスしたり、短時間実施するだけでも全身がポカポカしてくるのでおすすめです。

●半身浴
ぬるめのお湯で身体の芯まで温ためるために、みぞおち辺りまで20~30分間を目安に、汗が出てきて気持ちが良いと感じる程度浸かりましょう。
また入浴前にしっかり水分補給を行い、入浴中も喉が渇いた時はお水を飲むようにします。
冬場などで上半身が寒いと感じる場合は、肩から上半身にバスタオルをかけて行いましょう。
半身浴は身体への熱の伝わり方がゆっくりしているので、急激に血圧が上がる心配がありませんので、心おきなく長湯ができ、身体がゆっくりと温まるため湯冷めもしにくい入浴法です。
また半身浴は下半身を中心に温める入浴法ということもあって、腰痛、膝関節痛、下半身のむくみ解消や温浴効果で内臓の働きを促進したり、女性特有の症状である生理不順や生理痛、更年期障害の予防や改善などにも効果的です。
半身浴をしていると、始めはベトベトした汗がたくさん出てきますが、身体の毒素が汗と一緒になって出てくることで次第にサラサラとした汗になっていきます。
こうした発汗の変化を実感できることも半身浴の大きな魅力の1つです。
《半身浴が苦手な方へ!》
長時間お風呂に浸かっているのが苦手という方は、お風呂で本を読んだり、好きなBGMを効いたり、TVを見ながら入るとリラックスも重なって効果的です。
また日中、半身浴を行っている感覚が行える冷えとり靴下を活用するのも効果的です。
●手浴・足浴
42℃ほどの少し熱めのお湯を洗面器やバケツに入れて、手首・足首から先を10~15分程度つけましょう。
ゆっくり湯船に浸かる時間がない時や体力がない時などは、手先や足先における身体の末端で血行が滞りがちなので、部分浴をするだけでも、全身浴やサウナに入っているような効果が得られ、手や足には臓器につながるツボがたくさんあるので、内臓を活性化させる入浴法です。
お湯の温度が下がってきた時は、さし湯をするなどして温度を調整して下さい。
また人間の下半身には発熱臓器がない関係で、誰でも上半身に比べ平均で3~5℃程度低いといわれています。
足裏やふくらはぎは『第二の心臓』とも呼ばれており、心臓から送られてきた血液を心臓に送り戻す役目もあります。
また昔から『頭寒足熱』という言葉もあるように、足浴(足湯)を行って下半身を温めることで下半身に滞った血液が身体全体に循環するようになるので、結果として身体全体が温まってきます。
《ここでワンポイントアドバイス!》
私もよくやっていますが、お湯の中に粗塩をひとつかみ入れたり、すりおろした生姜を適量入れるとさらにポカポカ度が増してくるのでおすすめです!
●入浴剤の活用
家庭で温泉に近い効果を得るためには、入浴剤や温熱効果がある天然石などを活用するのも効果的でしょう。
【重炭酸湯】自宅で簡単に天然温泉と同等の温浴効果が実感出来る入浴剤で、 ぬるめのお湯に10分から15分ゆっくり浸かるだけで身体が芯まで温まり温浴効果を実感出来る。
冷え性でお悩みの方や妊活中の方、疲労回復・美容効果などに期待が出来るおすすめ商品はこちらです。
●薬湯
日本では古来の知恵で、端午の節句にしょうぶ湯に浸かったり、冬至にはゆず湯に入ったりと、身近な植物や、季節の植物などを湯船に入れる方法が生活の中に取り入れられてきました。
このように薬湯にすることで身体が温まったり、植物のビタミンやミネラルが溶けだし、美肌効果や入浴後の保湿効果に役立ちます。
また溶けだした成分からはよい香りがたちのぼり、その香りが脳に伝わると、リラックス効果も重なって心身の健康増進にも大きく作用します。
薬湯を行う場合は湯がぬるすぎると、植物の成分がしっかりと溶けださないので40℃程度のお湯で10~20分くらい入浴し、身体を温めましょう。
●サウナ浴
若返りと免疫力増強の効果が高い入浴法です。1回のサウナ浴は5~10分程度が目安です。
心臓に負担がかかる入浴法なので息苦しかったり、辛いと感じた時は無理は禁物です。
サウナは温度が90~110℃と高温のため、温熱刺激により末梢血管が拡張し、血の巡りが促進されるので体温が上昇します。
さらに甲状腺の働きが促進されて、新陳代謝を活発にするホルモンの分泌が良くなることが明らかになっています。
また、効果としては体内の毒素が大量の汗と一緒になって排出されるので、二日酔い、頭痛、肩こりなど水毒の症状の改善に期待が持てます。
サウナ浴後は、大量の汗とともに塩分が失われていますので、スポーツドリンクなどで塩分補給することも心がけましょう。
●よもぎ蒸し
韓国で600年前から行われている伝統的な民間療法で、よもぎと数種類の薬草を煮出した、漢方成分を含んだ蒸気で下半身を中心に温めるという、いまや韓国人女性に関わらず、日本人女性の間でひそかなブームになった民間療法のことです。
マントを着て穴の開いた椅子に座り、椅子の下からよもぎと薬草を煎じた上記を陰部にあて直接温めるため、婦人科系や不妊を始め、冷え症、更年期障害、痔、便秘などの症状の改善が期待されています。
実際によもぎ蒸しエステなど予約した場合、3,000~5,000円/回程度はかかってしまうことと、いつでも簡単に自宅でもよもぎ蒸し体験が味わるということもあり、最近ではこんな商品も人気となっています。
岩盤浴
40℃程度に加熱された天然石や岩石を加工したベッドの上で横になり、湿度が60~80%程度のサウナ形式の風呂の一種で、遠赤外線による温浴効果が得られる入浴法です。
お風呂やサウナと違う点は遠赤効果がある石の上で寝転がっておこなうので、大きなリラックス効果と大量発汗によるデトックス効果や新陳代謝の活性化が期待できます。
岩盤浴は専門の施設で行うのが一般的でしたが、最近ではお風呂専用サウナスーツバナナスリムや人工的なヒートマットなどを活用してご家庭でも楽しめるようになってきました。
《岩盤浴の発祥の地:秋田県 玉川温泉》
自宅にいながら永久に使い続けることができ、玉川温泉のさまざまな湯治効果を手にすることができると話題の商品はこちらです!!
●アロマ(エッセンシャルオイル)の活用
じっとお湯に浸かっているだけでもリラックスできるバスタイムですが、エッセンシャルオイル(精油)を使えば、自然の香りに包まれ至福のバスタイムに早変わり。
アロマテラピー効果でいつも以上にリラックスもできて、癒しの効果が一層高まります。

 

食生活編

適度な運動編