セルライトが冷えの原因に!?

 

セルライトは体を冷やす!

セルライト

女性の方ならご存知の方も多いと思いますが、セルライトは冷えの原因の一つといわれています。

セルライトとは、皮下の脂肪細胞同士または脂肪細胞に老廃物が付着して固まった脂肪細胞のことをいいます。

特に太もも・お尻・ふくらはぎ・下腹部にできやすく、セルライトがあることで血行不良となり、冷えや浮腫みの原因になるといわれています。

実に日本人女性の80%以上にセルライトはあるといわれています。

セルライトは、二の腕の内側をギュッとねじった時にできるデコボコで判断できます。

サーモグラフィーで調べると、セルライトのある部分は皮膚の温度が低いことが分かっています。このことからも、セルライトがある場所は冷えているのです。

また、セルライトはリンパの働きをも阻害してしまい、更に血行を阻害し体を冷やしたり浮腫みの原因にもなってしまいます。

体が冷えれば冷える程内臓を守ろうとして脂肪が蓄積され、セルライトが増加しやすくなりますので、セルライトを予防するためにも体を温めることが重要になります。

 

セルライトができる原因

  1. 代謝不良によるもの
    体の代謝が悪くなると、老廃物などうまく排泄されなくなります。
    また、代謝が悪いことで冷えや浮腫みの原因にもなり正常な脂肪の周りにつき脂肪が燃焼されにくくなるので代謝を上げ老廃物を排出しやすく脂肪を燃焼しやすくすることが重要です。
  2. 運動不足によるもの
    運動不足は脂肪の燃焼を妨げ、セルライトが付きやすい体になります。
    脂肪を燃焼させるためにも運動をして筋肉を使うことが重要!
    筋肉を使うことで基礎代謝がUPし脂肪が燃焼しやす体になります。
  3. 暴飲暴食によるもの
    糖質や脂質の多い食事を取り過ぎると、余分に摂取した脂質・糖質が体内に残り脂肪に蓄積されやすくなります。
    脂肪が付き過ぎることで血液の循環が悪くなるので、規則正しいバランスの取れた食事を心がけることが重要です。
  4. ストレスによるもの
    ストレスが溜まり過ぎるとホルモンのバランスが崩れてしまい、血管が収縮しやすくなり血液の循環が悪くなります。
    そのためセルライトができやすくなりますので、ご自分のストレス発散法をみつけておくことも重要です。
  5. 老化によるもの
    セルライトは老化現象の一つともいわれています。
    その理由としは、筋力が低下することで脂肪にたるみができ、血管やリンパ線を圧迫することで老廃物の排泄が妨げられます。
    そのため老廃物と脂肪が付着することでセルライトができやすくなります。
    年をとったから仕方ないと諦めず、適度に筋肉を使い老化防止を心がけることが重要です。

 

 

 - コラム