便秘が辛い

便秘とっいっても原因はいろいろ…

便秘

3日以上にわたって排便がないことを、医学的に便秘と定義されています。

便秘の主な原因についてはこの後説明しますが、慢性的な便秘の方は、いつものことだとか体質的なことだからといってほおっておくと、後々腸が動かなくなって腸閉塞を引き起こしたり、まれに大腸がんなどの大きな病気が隠れていることもあるため注意が必要です。

ただ、ほとんどの便秘は生活習慣を変えることで改善されることが多くあります。

なかには腹部を温めてあげるだけで快便になる人もいるようです。

これはおなかが冷えていることで、血流が悪くなっており、胃腸の働きが悪くなってしっかり動いていないことが考えられます。

また日々のストレスによっても便秘は引き起こされる場合がありますので、日頃から注意して下さい。

 

便秘の主な理由とは!?

1.食事量が少ない

食べる量が少ないと、便を直腸へと送り出す全体量が少なくなるため、便が腸内にとどまってしまい、便秘になりやすくなります。
食物繊維や水分、適度な脂肪が足りなかったり栄養不足だと便秘をまねくことがあるので規則正しい食生活を心掛けましょう。
また過度なダイエットも、食事量が少ないことで便秘をまねくことがあります。

 

2.運動不足によるもの

普段ほとんど身体を動かさない方や女性や高齢の方などは腹筋が弱い傾向にあり、腸管の緊張が緩み蠕動運動が起こりにくくなりがちになってしまっています。
また基礎代謝が悪いため、おなかの血流が悪くなり便秘になる傾向が強くなります。
「体を動かすと便秘に効果がある」という情報を耳にしたことのある人もいるかもしれませんが、それは適度な運動を行って排便に必要な筋力を鍛えたり、運動によって自律神経の乱れを整えることができるからです。

 

3.腸内環境の悪化によるもの

「美腸」という言葉があるように、美容や健康の観点からも便秘を語る場合において、腸内環境のことは無視できません。
食物繊維をあまり摂らなかったり、甘い物や刺激の強い食事を好んで摂っていると、腸内環境のバランスが崩れてしまい、善玉菌が住みにくい環境になってしまうことがあります。
便秘を引き起こさないためにも、腸内環境が良い状態であることが必要です。

 

4.ストレスによるもの

他の頁でも同じことを書いていますが、ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱す原因となりその結果、便秘になる場合もありますので、日頃からあまりストレスを抱え込まないように心掛けましょう。

 

5.運動不足や代謝が悪い

運動不足も便秘になる原因の一つです。女性や高齢の方は腹筋が弱く、腸管の緊張が緩み蠕動運動が起こりにくくなりがちです。
また、基礎代謝が悪く、冷え症の方も便秘になる傾向があります。

 

6.便意を我慢する癖がある

「家のトイレじゃないとできない」など、便意があっても我慢を繰り返すことで、その便意が消失し便秘になるパターンです。
若い女性や高齢の方に多く見受けられるケースですが、慢性的な便秘にならないためにも便意を感じたらトイレに行きましょう。

 

7.薬の服用によるもの

鎮痛薬や降圧剤、向精神薬等などお薬や妊婦さんの貧血の予防のために摂る鉄分(鉄剤)を飲むことによって引き起こされる便秘もあります。
お薬をやめることができない場合などは、お医者さんに相談して下剤も処方してもらいましょう。

 

8.病気によるもの

大腸ポリープ等で便の通り道が塞がれ便秘を引き起す事もあります。
まれに大腸がんなどの大きな病気が隠れていることもあるため注意が必要です。

 

元に戻る…