ニキビができる

大人ニキビの原因にも「冷え」が…

肌トラブルニキビは皮膚に常在している「アクネ菌」と呼ばれる菌によってつくられます。

毛穴に皮脂が詰まって、菌が空気に触れられなくなることで菌が増殖します。

肌荒れと同じように新陳代謝が上手くいかずに皮脂が過剰に分泌されることでニキビはできます。

女性ホルモンによる影響が大きく、よく生理前になるとできるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ニキビの初期症状は、毛穴が詰まって白くふくれてきます。

また菌が増殖すると炎症が起こり始め、次第に赤くはれ上がってきます。

 

ちなみに「大人ニキビ」ができる原因としては、加齢とともに肌のバリア機能が低下することにより発生します。

メカニズムとしては、ストレスや冷えによるホルモンバランスの乱れなどの原因によりお肌の新陳代謝が悪くなることで、通常28日でくるはずのターンオーバーの周期が遅くなり、古い角質で毛穴をふさいでしまいます。

また、ターンオーバーの低下によって起こる「肌の乾燥」は毛穴をふさぐ角質を厚く、堅くし、大人ニキビをさらに頑固にさせる原因ともなってしまいます。

こうなることで、ふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖し、そこでできた炎症が「大人ニキビ」となってしまうという訳です。

 

元に戻る…